PSPet ~ 限界突破
PSP 自作アプリ情報を豊富に配信
このブログの記事を転載される場合は、情報元が分かるようにお願いします。
Information

カウンター


相互リンク募集中です。

黒ねこ時計 くろック B02

PSP ツール/プラグイン

カテゴリー

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

フリーエリア



肥満度チェッカー


powered by ブログパーツの森

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
libmenu v1.0 リリース
MagicSaveの作者がまたまた便利な物をリリース

libmenu.jpg

PSPのプラグインを自作する際に
メニュー機能を持つGUI 実装を簡単にするためのライブラリです

作者コメント
>ibmenu v1.0 リリースします
>自作プラグインへメニュー機能を持つGUIを
>容易に組み込むためのライブラリ
>これを公開したことによって自作関連がまた少しは盛り上がれば良いなと



ダウンロード

http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/117658.zip

ライブラリのソースや、サンプルコードも入っています
このブログでもプラグインの自作方法について
余裕があれば触れていきます





スポンサーサイト
TOP
MagicSaveの使い方 (機能編 Mode 2)
前回に続いて、今回は Mode2 の機能説明をしていきます

※ここからはメモリースティックを  ms0:/ として表します
  (ms0:/seplugins/game.txt なら メモリースティックのsepluginsフォルダ内にある game.txt と言う意味 )

ステータスのエンジンをMode2にすると
高度なオプションへ以下の項目が出てきます

それぞれを有効にした場合の動作はこのような感じです

【保存形式を指定】

この項目を選択して有効にすると、PSP標準のセーブファイルへの保存形式を変更出来ます
( PSP標準というのは、PSP/SAVEDATA/セーブフォルダ へ書き込まれるファイルのこと )

"保存形式を指定" を有効にするとその下へこのようなオプションが追加表示されます

※指定なしだと、現在の状態(暗号化なし、通常)が自動に維持されます

【暗号化なし】
暗号化せず、復号化した状態でファイルを書き込みます
この復号化された状態のPSP 標準セーブファイルのことを
MagicSave上では Raw形式 データと呼びます

有効にした状態でセーブをすれば
このようにファイルは復号化された状態で書き込みされるようになる

mode2_n2r_.jpg

その Raw形式 のデータについては以下のメリット、デメリットがあるので注意が必要です

メリット
 セーブファイルをそのまま改造しても、破損ファイル扱いにならずそのまま読み込める
 (つまりは、簡単に改造が可能  ※チェックサム等でデータチェックしていない場合に限る)

デメリット
 MagicSaveが有効なPSPからでしか読み込めない

デメリットの部分については、保存形式で”通常"を選び、元の状態へもどせば
MagicSaveがなくても今まで通り読み込み出来るようになるので安心を


【通常】
暗号化した状態でファイルを書き込みます (PSP標準 仕様)

この暗号化された状態のセーブファイルのことを
MagicSave上では Normal 形式 データと呼びます

有効にした状態でセーブをすれば
このようにファイルは暗号化された状態で書き込みされるようになる

mode2_r2n_.jpg


※Raw形式のデータを暗号化された状態へ戻したいときにも有効



保存形式を変えられる仕様上、このデータの状態は?と
分らなくなるときがあると思います

そんな時は、MagicSave/SaveTypeChecker フォルダの中にある
SaveTypeChecker.exe を使って確認可能です 

(SaveTypeChecker.exe はMagicSaveプラグインを解凍したフォルダ内にある )

状態を調べたいセーブファイルが入ったフォルダを
SaveTypeChecker.exeドラッグ & ドロップすればOK
同時に複数のフォルダをチェック出来ます

mode2_checker_1.jpg




ここまで説明したことを理解したうえで、応用して色々とやってみましょう

セーブファイルを改造する


 前回のMode1では ms0:/MagicSave/Save フォルダの
 バックアップファイルを弄って改造をしましたが
 
 この Mode2 ではPSP標準 セーブファイル ( ms0:/PSP/SAVEDATA ) をそのまま改造可能です
 ※暗号化なしで Raw形式 として保存してある場合のみ

 今回もファンタシーポータブル2 を使い
 ステータス中の メセタ を現在地の998から7777へと増やしてみます

 1、直接ファイルを改造
  ms0:/PSP/NPJH50043/SAVEDATA.BIN をバイナリエディタで開き
  このように該当箇所を修正して上書き保存します

mode2_cheat_1.jpg


  2、セーブファイルをロードして確認
    Mode2の場合はPSP標準 セーブフォルダのデータを改造しているので
    読み込ませる前に特別な作業は必要なしです

    改造したらゲームを起動してロードするだけ、とても簡単

mode2_cheat22.jpg

    この通り、メセタの値が 7777 へ変わっていればOK


破損したセーブファイルの修復

Mode2では破損ファイルを修復するための作業は用意されてないので
ステータス内にある"破損ファイルを読み込む"でまず試して
それでもダメならMode1の方法を試すという感じで修復します 



もし分らないところがあれば、コメントしてくれれば返答します

一応、これでMagicSaveの使い方についての説明はほとんど書いたけれど
番外編みたいな感じで Gamekeyのダンプ方法フラグサーチ方法プラグイン機能の使用方法
など書こうかなとも思ってます





TOP
MagicSaveの使い方 (機能編 Mode1)
前回の メニュー 各項目説明編 で紹介した
Mode1の機能部分を説明していきます

※ここからはメモリースティックを  ms0:/ として表します
  (ms0:/seplugins/game.txt なら メモリースティックのsepluginsフォルダ内にある game.txt と言う意味 )

ステータスのエンジンをMode1にすると
高度なオプションへ以下の項目が出てきます

それぞれを有効にした場合の動作はこのような感じです

【MagicSaveフォルダへ書き込む】
これを有効にしてゲームでセーブをすると
ms0:/MagicSave/ゲームID/ フォルダへバックアップのような感じで
標準のセーブデータと同じ物が書き込まれます

ms_mode1_wms.jpg


【MagicSaveフォルダから読み込む】
これを有効にすると セーブファイルのロード時に
ms:/MagicSave/ゲームID/ フォルダのデータを読み込みます

※ゲームIDが一致するフォルダからしかデータを読み込まない


【読み込みサイズエラーを修正】
”MagicSaveフォルダから読み込む"を有効にしてデータを読み込む際に
正常に読み込めない場合があります

MagicSaveのログを有効にして確認すると
>Mode1 Fix Read Size : ファイル名 [ ???? -> ???? ]
と出るゲームがそれに該当します

その場合にこのオプションを有効にするとデータを強制読込みします

MagicSaveフォルダへ書き込む/読み込む は
それぞれ機能の有効、無効が切り替えれるので
通常とは異なる操作をしたい時以外は両方とも有効、無効にしておかないと
突然古いデータを読み込んだりするので注意が必要です

ここまで説明したことを理解したうえで、応用して色々とやってみましょう

セーブファイルを改造する

 セーブファイルを改造するには今まで
 らぼこ等の"ツール"でデータを復号化→改造→暗号化する必要がありました
 
 もちろんそれらはゲームを終了させてツールを起動してと
 時間と手間のかかる必要な作業でした
 
 しかしこのMagicSaveを使うとMode1で書き込みされたデータは
 常に復号化された状態なのでそういった作業は一切不要で
 直に改造、読み込みがそのまま行えるのです
 
 今回は改造例として ファンタシースターポータブル2 のプレイヤー名を
 PSPET から NEWNAME へと変えてみます

ms_mode1_save_1.jpg

 
 1、Mode1のセーブファイルを作る
  "MagicSaveへ書き込む"を有効にした状態でセーブして
   Mode1のセーブファイルをMagicSaveのセーブフォルダへ作ります
  
 2、データを改造する
  改造するためにゲームを終了させて
  ms0:/MagicSave/Save/NPJH50043/SAVEDATA.BIN
  ファイルをバイナリエディタで開いて名前を NEWNAME へ変えたら上書きします

ms_mode1_data_1.jpg


  
 3、改造したデータを読み込む
  "MagicSaveから読み込む"を有効にした状態で
  改造対象のセーブファイルをロードします
  するとこの時点で改造したデータが読み込まれているはずなので
  反映されているかを確認
  
  ms_mode1_data_2.jpg

  
  ちゃんと名前が変更されてます
  このままセーブすればセーブデータへも反映されると言う訳です

破損したセーブファイルの修復

 以下の修復手順を始める前に
 まず"ステータス"内にある"破損データを読み込む"を有効にした状態で
 読み込めるかどうかを試して下さい
 
 それでもダメな方は以下の手順を試して下さい
 
 ※ここからは事前にMode1でバックアップデータを作ってあるのを前提に説明をしていきます
  他のCFWでは正常に読み込める場合、そのCFWでMode1のデータを作成しておきます
  
  1、Mode1の修復用データのバックアップ
   万が一の場合にそなえてMode1の修復用データをバックアップしておきます
  
  2、セーブファイルを新規作成、そこへMode1 修復用データを読み込む
   
   とその前に修復用データが上書きされないように
   "MagicSaveへ書き込む"、”MagicSaveから読み込む"の両方を
   無効にしておきます
   
   ゲームを起動後、セーブファイルを新規作成

   ※出来る限り修復対象と同じ保存場所へ  ←ここが一番重要
   
   タイトルへ戻るか、ゲームを終了させます
   
   その後に、"MagicSaveから読み込む"を有効にして
   先ほど新規作成したデータを読み込みます
   
   するとそこへMode1 修復用データが読み込まれる(上書きされる)ので
   ちゃんと修復出来たかを確認する
   
   修復出来いたらそのままセーブをすれば、修復作業の完了
   
   上手く出来ない方は以下の原因が考えられます
   
   ・新規作成したデータと、MagicSave側から読み込もうとしているフォルダ名が合っていない
   ・Mode1 修復用データの状態が異常
   
   フォルダ名が合ってないだけなら
   このような感じで合わせると、きっと上手く行くと思います
  
ms_mode1_save_2.jpg

  
  3、後始末
    "MagicSaveへ書き込む"、"MagicSaveから読み込む"
    これらの状態を両方とも有効 または 無効へ戻しておきましょう

と、ここまで読んでみてどうでしょう?
もし分らないことがあればコメントしてくれれば返答します

次回は MagicSaveの使い方 機能編 Mode2 を記事にします




TOP
MagicSaveの使い方 (メニュー 各項目 説明編)
プラグインの準備が出来てない方は
インストール編 を見て導入を済ませて下さい

MagicSaveには英語版/日本語版とありますが
日本語版で説明をしていきます

今回は各項目の説明のみで詳しい機能説明は
次回の 機能説明編 で紹介していく予定です

まずはメニュー構成を覚えましょう


トップメニュー
ms_opt_1.jpg


 MagicSaveのメニューを出した時に表示されるトップ画面です
 
 【ゲームID】
 現在起動しているゲームのID、確認用で特に気にする必要はないです
 
 【Raw データ 読/書】
 詳しくは次回の機能編で説明しますが、
 Mode2のRaw形式 データが 読み込み/書き込み 可能かどうかの状態です
 
 ※ここが×だと他のプラグインと競合している可能性が高く
   MagicSaveの機能ほとんどが利用出来ません
 
 【ステータス】
 セーブファイルを 読み込み/書き込み する動作方法を設定します
 ステータスの横に表示されているのは現在選択中のモードです
 
 【メニューオプション】
 メニュー表示に関連する設定を変更します

ステータス
ms_opt_2.jpg


 セーブファイルを 読み込み/書き込み する関するの動作方法を設定します
 
 【エンジン】
 セーブファイルの 読み込み/書き込み する方法(Mode)を指定します
 メニュー操作用 Keyの右、左でModeを選択
 Off、Mode1、Mode2の3つから選択します
 
 Off だとPSP標準動作となりセーブファイル 操作はしなくなりますが
 Mode2のRaw形式 データは問題なく処理出来ます
 
 【プラグイン】
 セーブファイルを 読み込み/書き込み する時に
 そのデータに対してユーザーが任意の処理をする為の
 プラグインをロード、アンロードします
 
 【破損データを読み込む】
 セーブファイルをロードする際 「破損しています」となるデータを
 強制的に読み込む機能です
 
 CFWのバージョン違いによる破損ファイルの読込みにも使えますが
 状態によってはこの機能を有効にしても読み込めないようです
 
 データが完全に破損している場合は読み込めても正常に処理はされません
 
 【ゲームキーをダンプする】
 セーブファイルを 読み込み/書き込み する時に
 そのゲームのGameKeyをメモリースティックへ保存します
 
 GameKeyはセーブファイルを暗号化/復号化するの使われるKeyです
 
 【ログ】
 MagicSaveの動作をテキストファイルへ記録します
 主に動作がおかしい時、原因を探る為に有効にします

高度な設定(Mode1)
ms_opt_3.jpg

 ステータスのエンジンで"Mode1"を選択した場合に
 高度な設定に表示されるオプション
 
 【MagicSaveから読み込む】
 セーブファイルをロードする際にMagicSaveのSaveフォルダから
 データを読み込むかを指定します
 
 【MagicSaveへ書き込む】
 セーブファイルをセーブする際にMagicSaveのSaveフォルダへ
 データを書き込むかを指定します
 
 【読み込みサイズエラーを修正】
 MagicSaveから読み込むを有効にしている場合に
 ロードするファイルサイズがシステム側と一致しない時に
 それを修正して強制読み込みするかどうかを指定します
 
高度な設定(Mode2)
ms_opt_4.jpg

 ステータスのエンジンで"Mode2"を選択した場合に
 高度な設定に表示されるオプション
 
 【保存形式を指定】
 セーブファイルの保存形式を指定します
 有効にすると 暗号化なし、通常 の2つが選択出来るようになり
 どちらかを選択した後にセーブすると状態を変更出来ます
 
 指定なしの場合は現在の状態が維持されます
 
メニューオプション
ms_opt_5.jpg

 【ディレイ】
 MagicSaveのメニューがちらつく場合に
 メニュー操作用 Keyの右、左で値を増減させると
 軽減出来るようです
 
 【表示】
 メニュー上に表示するアイテムを指定します
 アクティブ = 現在選択されている階層のアイテムのみ表示
 全て = 全階層を表示
 
 アクティブにすれば選択されている階層のアイテムのみしか
 表示されないのでメニュー表示時の負荷を軽減出来ます
 
 【他スレッドを停止させる】
 メニューを表示する際にゲーム側の処理を一時停止させます
 メニューを閉じるとゲームは再開
 
 メニュー上のアイテム操作をしていて
 ゲームに支障が出る際に有効にすると良いでしょう
 
 次回は MagicSaveの使い方 (機能編 Mode1) を記事にします




TOP
MagicSaveの使い方 (インストール編)
MagicSaveの使い方について、今日から少しずつ紹介していきます
まずはインストール編

ここからはメモリースティックを  ms0:/ として表します
  (ms0:/seplugins/game.txt なら メモリースティックのsepluginsフォルダ内にある game.txt と言う意味 )

1、ファイルをダウンロードして解凍


MagicSave 2.4
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/115127.zip

ダウンロードした後、解凍します

ms_inst_11.jpg

2、ファイルをメモリースティックへコピー


手順1で解凍したフォルダから

MagicSaveフォルダ(中のファイルも全て)を ms0:/ へコピー

sepluginsフォルダの中には MagicSave.prxMagicSaveLite.prx と2種類ありますが
Lite版の方はメニュー機能が省かれた上級者向けのものなので
MagicSave.prx の方を使います

英語版/日本語版と用意されているので今回は seplugins/日本語版 フォルダ にある
日本語版のMagicSave.prxms0:/seplugins フォルダへコピーしましょう

ms_inst_2.jpg


このような配置になるようにして下さい

"メモリースティック"

┣"MagicSave"

┗"seplugins"
  ┗"MagicSave.prx"


3、プラグインを使用可能にする


 ms0:/seplugins/game.txt を開き
(なければその場所へ game.txt を作成して下さい)
 
 ms0:/seplugins/MagicSave.prx 1
 と追記して上書き保存します

ms_inst_3.jpg


4、MagicSaveのメニュー操作用 Keyを設定する

 MagicSaveのメニュー操作用 Keyは
 ms0:/MagicSave/Menu.ini で定義されていて
 デフォルトだと下記のようになっています

設定名動作操作用 Key (デフォルト)
HotKey_Showメニューを表示する音量Up + 音量Down
HotKey_Backメニューを閉じる
前の項目へ戻る
△ ボタン
HotKey_Select メニュー上のアイテムを選択×ボタン
HotKey_Upメニューを 上 へ移動十字キー 上
HotKey_Downメニューを 下 へ移動十字キー 下
HotKey_Left メニューを 左 へ移動十字キー 左
HotKey_Rightメニューを 右 へ移動十字キー 右


分りやすく色付けするとこんな感じです

ms_inst_4.jpg


 もし他の操作と重なって困る方は ms0:/MagicSave/Menu.ini を開き
 操作用 Keyの部分を変更しておきましょう
 
 デフォルトのままでOKと言う方は、次の手順へ進んで下さい
 
 操作用 Keyは下記の物が指定可能です

ini側へ記述する文字列対応するボタン
SELECTセレクト
STARTスタート
Up十字キー 上
Right十字キー 右
Down十字キー 下
Left十字キー 左
LTriggerLトリガー
RTriggerRトリガー
Triangle△ ボタン
Circle○ ボタン
Cross× ボタン
Square□ ボタン
HOMEHOME
HOLD電源側のHOLD
NOTE音量 On/Off
SCREEN明るさ調整
VolUp音量+
VolDown音量-

 
 設定名 = 操作用 Key となるようにして
 操作用 Keyに複数のボタンを割り当てたい場合は + を使います
 (設定名 と 操作用 Key の間に = が必要)
 
 【変更例】
 
  // Lトリガー + Rトリガー + スタート でメニュー表示
 HotKey_Show = LTrigger + RTrigger + START
 
  //スタートボタンでアイテム選択
 HotKey_Select = START

5、動作確認

 一度PSPを再起動させ適当なゲームを起動させます
 手順4で設定した メニュー表示用のKeyを押して
 このようにちゃんとMagicSaveのメニューが表示されればインストール完了です

plg_ms.jpg


 明日は MagicSaveの使い方 (メニュー 各項目 説明編) を記事にします


TOP
MagicSave Ver 2.4 リリース
セーブファイル関連のかゆいところに手が届く、
国産プラグインの最新版がリリースされていました

MagicSave 2.4
http://www1.axfc.net/uploader/Sc/so/115127.zip

【変更点】
・破損ファイルを強制読込する機能をMode2以外からでも利用可能にした
・Mode2_Read_Invalid を Read_Invalid に変更した




このプラグインは結構便利なのだけど
詳細に書かれているサイトがあまりないので
色々な使い方を記事にしてみようかな


TOP

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事 + コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。