PSPet ~ 限界突破
PSP 自作アプリ情報を豊富に配信
このブログの記事を転載される場合は、情報元が分かるようにお願いします。
Information

カウンター


相互リンク募集中です。

黒ねこ時計 くろック B02

PSP ツール/プラグイン

カテゴリー

ブログ内検索

<< 全タイトルを表示 >>

フリーエリア



肥満度チェッカー


powered by ブログパーツの森

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
MagicSaveの使い方 (機能編 Mode1)
前回の メニュー 各項目説明編 で紹介した
Mode1の機能部分を説明していきます

※ここからはメモリースティックを  ms0:/ として表します
  (ms0:/seplugins/game.txt なら メモリースティックのsepluginsフォルダ内にある game.txt と言う意味 )

ステータスのエンジンをMode1にすると
高度なオプションへ以下の項目が出てきます

それぞれを有効にした場合の動作はこのような感じです

【MagicSaveフォルダへ書き込む】
これを有効にしてゲームでセーブをすると
ms0:/MagicSave/ゲームID/ フォルダへバックアップのような感じで
標準のセーブデータと同じ物が書き込まれます

ms_mode1_wms.jpg


【MagicSaveフォルダから読み込む】
これを有効にすると セーブファイルのロード時に
ms:/MagicSave/ゲームID/ フォルダのデータを読み込みます

※ゲームIDが一致するフォルダからしかデータを読み込まない


【読み込みサイズエラーを修正】
”MagicSaveフォルダから読み込む"を有効にしてデータを読み込む際に
正常に読み込めない場合があります

MagicSaveのログを有効にして確認すると
>Mode1 Fix Read Size : ファイル名 [ ???? -> ???? ]
と出るゲームがそれに該当します

その場合にこのオプションを有効にするとデータを強制読込みします

MagicSaveフォルダへ書き込む/読み込む は
それぞれ機能の有効、無効が切り替えれるので
通常とは異なる操作をしたい時以外は両方とも有効、無効にしておかないと
突然古いデータを読み込んだりするので注意が必要です

ここまで説明したことを理解したうえで、応用して色々とやってみましょう

セーブファイルを改造する

 セーブファイルを改造するには今まで
 らぼこ等の"ツール"でデータを復号化→改造→暗号化する必要がありました
 
 もちろんそれらはゲームを終了させてツールを起動してと
 時間と手間のかかる必要な作業でした
 
 しかしこのMagicSaveを使うとMode1で書き込みされたデータは
 常に復号化された状態なのでそういった作業は一切不要で
 直に改造、読み込みがそのまま行えるのです
 
 今回は改造例として ファンタシースターポータブル2 のプレイヤー名を
 PSPET から NEWNAME へと変えてみます

ms_mode1_save_1.jpg

 
 1、Mode1のセーブファイルを作る
  "MagicSaveへ書き込む"を有効にした状態でセーブして
   Mode1のセーブファイルをMagicSaveのセーブフォルダへ作ります
  
 2、データを改造する
  改造するためにゲームを終了させて
  ms0:/MagicSave/Save/NPJH50043/SAVEDATA.BIN
  ファイルをバイナリエディタで開いて名前を NEWNAME へ変えたら上書きします

ms_mode1_data_1.jpg


  
 3、改造したデータを読み込む
  "MagicSaveから読み込む"を有効にした状態で
  改造対象のセーブファイルをロードします
  するとこの時点で改造したデータが読み込まれているはずなので
  反映されているかを確認
  
  ms_mode1_data_2.jpg

  
  ちゃんと名前が変更されてます
  このままセーブすればセーブデータへも反映されると言う訳です

破損したセーブファイルの修復

 以下の修復手順を始める前に
 まず"ステータス"内にある"破損データを読み込む"を有効にした状態で
 読み込めるかどうかを試して下さい
 
 それでもダメな方は以下の手順を試して下さい
 
 ※ここからは事前にMode1でバックアップデータを作ってあるのを前提に説明をしていきます
  他のCFWでは正常に読み込める場合、そのCFWでMode1のデータを作成しておきます
  
  1、Mode1の修復用データのバックアップ
   万が一の場合にそなえてMode1の修復用データをバックアップしておきます
  
  2、セーブファイルを新規作成、そこへMode1 修復用データを読み込む
   
   とその前に修復用データが上書きされないように
   "MagicSaveへ書き込む"、”MagicSaveから読み込む"の両方を
   無効にしておきます
   
   ゲームを起動後、セーブファイルを新規作成

   ※出来る限り修復対象と同じ保存場所へ  ←ここが一番重要
   
   タイトルへ戻るか、ゲームを終了させます
   
   その後に、"MagicSaveから読み込む"を有効にして
   先ほど新規作成したデータを読み込みます
   
   するとそこへMode1 修復用データが読み込まれる(上書きされる)ので
   ちゃんと修復出来たかを確認する
   
   修復出来いたらそのままセーブをすれば、修復作業の完了
   
   上手く出来ない方は以下の原因が考えられます
   
   ・新規作成したデータと、MagicSave側から読み込もうとしているフォルダ名が合っていない
   ・Mode1 修復用データの状態が異常
   
   フォルダ名が合ってないだけなら
   このような感じで合わせると、きっと上手く行くと思います
  
ms_mode1_save_2.jpg

  
  3、後始末
    "MagicSaveへ書き込む"、"MagicSaveから読み込む"
    これらの状態を両方とも有効 または 無効へ戻しておきましょう

と、ここまで読んでみてどうでしょう?
もし分らないことがあればコメントしてくれれば返答します

次回は MagicSaveの使い方 機能編 Mode2 を記事にします



スポンサーサイト

TOP
この記事に対するコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【2012/05/01 22:54】 | # [ 編集]

TOP

この記事に対するコメントの投稿















TOP

この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://changer.blog48.fc2.com/tb.php/221-57d10c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
TOP
カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事 + コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。